あいさつ

園長あいさつ

子どもの家は、1968年に地域の母親グループの強い要望により生まれ、それから40年もの間、地域に根ざしたキリスト教主義自由保育に携わってまいりました。子どもたちの成長にとって何よりも重要なのは、幼児期にしか味わうことのできない「遊び」を十分に経験することではないでしょうか。色々なふれ合いや様々な体験を通して、自分で考え、仲間と協力し、遊びを広げる。この「創造力」こそ、これからの時代に求められています。マスプロ型の保育ではなく、あえて子どもたち一人ひとりのふれ合いを大切にして個性をのばす。そういう「自由保育」を私たちは目指しています。「自由保育」は、いわゆる「自由放任」ではありません。生活のルールや約束事も大切にします。ただ、それを押し付けではなく、「自分たちのルール」として受けとめられるように自立を支援します。

昨今は「心の教育」が声高に叫ばれていますが、私たちは1968年の創設以来、「心を育む」保育にこだわり続けてきました。これは、キリスト教主義保育の目指すところでもあるからです。健やかなからだと共に、子どもたちが、感謝の出来る、思いやりと優しさを自然に身につけて、のびのびと成長できることを心より願っています。
また、毎日幼稚園に通うには、まだ少し早い幼い子どもたちにも、だんだん親から離れて自立できるようになってもらいたい。どなたでもそう願っているのではないでしょうか。
この幼い時期だからこそ、子どもたちの豊かな成長の芽生えを大切にしたい。このような声を受けて、当園に「めばえ組」を設置し、明るい教室と安全で衛生的な環境の下、経験と実績のある2名ずつの担任教諭の指導で各クラスの保育を行っています。週に2日、そして1年間の多彩な保育と集団生活を通して、子どもたちは「つよく、やさしく、のびのびと」成長しています。

今までの経験や実績を活かしながら、人間味ある保育、少数だからこそできる自由保育を、これからも行ってまいります。

 

日本キリスト教団 仙川教会 子どもの家 園長
大串肇

TOP